• HOME
  • セミナー情報
  • 【投資】実例紹介オンラインセミナー(「積立信託」編/「海外不動産」編)

【投資】実例紹介オンラインセミナー(「積立信託」編/「海外不動産」編)はてなブックマーク数

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 更新日:2021/03/29
読むのにかかる時間: 約6分58秒

facebookgroupe
おかげさまで、日本経済新聞出版社から上梓した『トップ1%の人だけが知っている』シリーズが、累計11万部のベストセラーとなりました。そのシリーズ3作目となる『トップ1%の人だけが知っている「最高のマネープラン」』の読者から、こんな声が寄せられました。
「書籍にある現状把握や目標設定を自分なりに行ってみたが、いざ投資を実行する段階で、どんな手法が良いのか皆目検討もつかない」と。

そんなお声にお応えする必要性を感じ、満を持してとっておきの実例紹介セミナーを企画しました。

生命保険文化センター(令和元年)の「生活保障に関する調査」によると、老後の日常生活費は、月額平均22.1万円となっています。
但し、これは必要最低限の数字であり、「生活を充実させるための費用」としては別途平均14万円が必要という調査結果となりました。

つまり、必要最低限の生活費に「旅行やレジャー(60.7%)」「趣味や教養(51.1%)」「日常生活費の充実(49.6%)」「身内との付き合い(48.8%)」などを合算した「ゆとりある老後生活費」としては、平均で36.1万円になるそうです。

厚生労働省によると、平成30年の日本人女性の平均寿命は87.32歳で、男性は81.25歳。男女合わせた平均寿命は84.29歳です。老後資金を使い始めるリタイア時期は、公的年金の支給と同じタイミングという場合がほとんどですから、65歳から84歳の19年間に必要な金額が老後資金という形となります。

ゆとりある老後生活費が36万円だとすると、以下のような計算になります。
36万円×12ヶ月×19年間=8,208万円
月額36万円の生活を送ると、約8,000万円の老後資金が必要になるのです。

もちろん、「公的年金がどこまでカバーしてくれるか?」ということを考慮すれば、ここまでの額は不要となりますが、期待できるのはせいぜい3分の1程度ではないでしょうか。
むしろ、「人生100年時代」という長寿命化が進んでおり、生きるためのコストは増える可能性の方が高いと見ておいた方が無難です。

仮に老後資金を8,000万円とした場合、話題となった「老後2,000万円問題」の4倍です。サラリーマンの生涯賃金は2.5億円と言われていますから、これだけで実に約3分の1が老後資金として消えていくことになります。

もしこれを貯蓄だけで賄おうとすると、月20万円コツコツ貯金しても約33年かかります。
(月20万円 × 12ヶ月)× 33年 = 7,920万円

用意できない場合には、選択肢は基本的に2つしかありません。
出費を削減するか、死ぬまで働くか、です。
老後も働くことが当たり前になりつつありますが、歳を重ねれば重ねるほど実際の労働条件は悪化する一方です。

そこで、第3の選択肢を得るために必要になるのが、本業の労働とは別に資産形成という新たなエンジンを手に入れることです。このセミナーでは、「どのようにすれば、無理なく老後資金をつくることができるのか?」について、徹底的に生きた実例を掘り下げていきます。

もちろん、これは兼業投資家であることを前提としておりますので、特別な知識や経験は、必要ありません。

今回は、シンガポール在住で、英国にも拠点を持つ金融の専門家をゲストにお迎えします。
私は、幸いなことにこれまで数多くのお金の専門家と接点を持つことができましたが、私の知る限り、FP(ファイナンシャルプランナー)として圧倒的に一番の実力者です。
日本はもちろん、世界の金融を知っています。日頃は、富裕層専門に活動をしているので、今回のセミナーがあなたにとって特別な機会になると確信します。

今回用意したのは、まったく違うタイプ2種類のセミナーです。
① 「積立信託」編
毎月コツコツ積立投資をしていく手法です。
(例)セミナーでお伝えすること
□ ただ銀行口座に貯蓄していく場合とどう変わるのか?
□ 世界基準で優良な商品とそうでないものの違いとは?
□ リスクとリターンはどのようなものか?
□ どれくらいの期間、どれくらいの金額を積立てるか?
□ 万が一の時にはどのように対処できるのか?
□ その他

② 「海外不動産」編
ある程度まとまったお金を資産運用する手法です。
(例)セミナーでお伝えすること
□ 日本の不動産と海外不動産投資の違い
□ 世界的に見た注目エリアとは?
□ 不動産投資手法の種類
□ 為替リスクをどう見るか?
□ 投資期間と期待利回りについて
□ その他

いずれのセミナーも具体的な事例を徹底的に深掘りします。
ぜひ、あなたも資産形成のヒントを手に入れてください。

 

◆セミナー概要
2021年
5月 1日(土)20時~ 「積立信託」編
5月 2日(日)20時~ 「海外不動産」編
5月10日(月)20時~ 「積立信託」編
5月11日(火)20時~ 「海外不動産」編

6月 9日(水)20時~ 「積立信託」編
6月12日(土)20時~ 「積立信託」編
6月16日(水)20時~ 「海外不動産」編
6月19日(土)20時~ 「海外不動産」編

7月 4日(日)20時~ 「積立信託」編
7月11日(日)20時~ 「海外不動産」編
7月14日(水)20時~ 「積立信託」編
7月28日(水)20時~ 「海外不動産」編

セミナー所要時間は、最大2時間を予定しております。
当日の進行状況により、終了時刻は変動の可能性がございます。

◆ オンラインでは「zoom」を使用します。
パソコンからは当方発行のurlをクリックするだけで視聴が可能となります。スマホからは「zoom」の無料アプリを経由して視聴が可能となります。(画面が小さいため、資料が見えにくいのでパソコンからの視聴をお勧めします)
zoomの使い方等については、下記申込みページの概要欄に記載してあります。
参加用のurlは、後日ご登録のメールにてお知らせいたします。

◆参加費
一般価格 4000円(税込4400円)
【参加特典】
『サラリーマンを「副業」にしよう』(プレジデント社) 1400円(税込)
『トップ1%の人だけが知っている「最高のマネープラン」(日本経済新聞出版社)1500円(税別1650円)
など、申込み時に俣野成敏の出版物からどれか1冊のプレゼントをお選びいただきます。

【メルマガ特典】
無料メルマガの読者は、クーポンご利用で参加費4000円→2000円(税込2200円)となります。まだメルマガを購読されていない方は、下記よりメルマガにご登録いただき、メルマガ本文下に記載されている優待コードをご利用ください。(どのメルマガにも優待コードは記載されます)
https://www.matano.asia/mailmagazine/

▼セミナーお申し込みはこちらから▼
https://matano.thebase.in/items/34021388

 

あなたの未来にとって有益な情報をご提供できることを楽しみにしています。

俣野成敏

追伸:
本セミナーは情報提供を目的としており、商品の勧誘を目的とするものではありません。

【主宰者プロフィール】
俣野成敏 Narutoshi Matano
ビジネス書著者/投資家/ビジネスオーナー
リストラと同時に公募された社内ベンチャー制度で一念発起。年商14億円の企業に育てる。33歳で東証一部上場グループ約130社の現役最年少の役員に抜擢され、40歳で本社召還、史上最年少の上級顧問に就任。2012年に独立。フランチャイズ複数店舗のビジネスオーナーや投資家として活動。投資にはマネーリテラシーの向上が不可欠と感じ、その啓蒙活動にも尽力している。自著『プロフェッショナルサラリーマン』が12万部、共著『一流の人はなぜそこまで、◯◯にこだわるのか?』のシリーズが13万部を超えるベストセラーとなる。近著では『トップ1%の人だけが知っている』のシリーズが11万部に。著作累計は48万部。ビジネス誌やwebメディア掲載実績多数。『まぐまぐ大賞』を5年連続受賞。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
著作
ソーシャルでつながる
無料メルマガ

無料メルマガ

『プロフェッショナルサラリーマン』への道を目指す!俣野成敏の公式メルマガ。完全無料で365日配信。

メールアドレス
お名前
プロサラ通信~サラリーマンでありながら自由を手に入れる方法~ も購読する