損したくない人のための「自宅」戦略オンラインセミナーはてなブックマーク数

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 更新日:2020/08/04
読むのにかかる時間: 約11分31秒

facebookgroupe
「人生3大支出」とは?

あなたは、「人生3大支出」が何かをご存知ですか?

その答えは、
① 住宅資金
② 教育資金
③ 老後資金
です。人によっては、これが、「保険」「車」「通信費」と入れ替わることもあります。

たしかに、家計管理による細かな積み重ね等も大切ですが、もし3大支出で失敗してしまったら、後になればなるほど人生のマネープランを修復することが困難となっていきます。

これからの時代は、高度成長期の古き良き時代のように、
・社会の仕組み(インフラ)に乗っておけば、「教育資金」や「老後資金」に目処がつく。
・とにかく早めにマイホームを買うことで、どこでも右肩上がりの値上がりが期待できる。
といった一律で皆が上手くいく方法はありません。

「持ち家」と「賃貸住宅」、どっちの方がお得?

持ち家が得か?賃貸が得か?

不動産業界では、この議論が尽きることなく行われています。
しかし、誤解を恐れずに言い切ってしまうと、これは単なる話題作りのネタに過ぎません。

「どちらが得になるか?」は、個々の様々な要素が絡み合って決まるものですから、本来は一概には言えないものだからです。
それを部分的に切り取って語ることで、気づかない内に売り手にとって都合が良い方向に誘導されている場合もありますから、注意が必要です。

ただ1つ言えるのは、現代における持ち家は、「資産」ではなく、「コスト」として考えた方がベターだということです。それが賃貸住宅との優劣を比べるにもフェアというものです。

自己満足など心満たされる物差しは別として、「どっちが得か?」という側面から見ると、「結局いくら払うのか?」でしか計れないからです。

知っているか知らないかで、1,000万以上の差がつく

同程度の生涯年収のサラリーマンで比較しても、人生3大支出の1つである「住宅資金」について知っていると知らないのでは、平気で1,000万円くらいの差がついていきます。

私は、日本経済新聞出版社さんからマネー系のビジネス書を3冊出版したことがきっかけとなり、いろいろな方のお財布事情に触れる機会が増えましたが、仕事では優秀な方でも、自宅については、その場の勢いやノリで買ってしまうという方が後を絶ちません。

仮に、あなたが「マイホームは買わない」という賃貸の選択をするにしても、住宅コストを下げるための考え方や知識は必要です。ただ単に「マイホームを買うことには抵抗があるから」という理由からの消去法で賃貸を選ぶことは、実は、もったいない話なのです。

これからの自宅戦略

これからの時代は、自宅でも「投資家的な視点で自宅を考える」ことをお勧めします。

そこで、自宅戦略を投資家的に考えるためのセミナーを企画しました。

もちろん、自宅はお金で計れない心の満足度によるところが大きいのですが、そこはなるべく犠牲にしない範囲で、新しい視点を持っていただくためのノウハウです。

人は一生のうちに自宅に支払うコストは、いったいいくらかかっているかご存知ですか?

都心部なら8,000万円、地方でも5,000万円はかかるというデータがあります。

もしこの住宅にかかる生涯コストを2割削減できたとしたら、1,000万円から1,600万円の貯蓄が増える計算になります。
この金額は、実に、毎月3万円ずつ貯金をして約40年間分の金額になります。
言葉を換えると、知らないだけで40年間分の貯金の分だけ損をしている形です。

どちらの方法を選ぶにしても、こんなに大きな金額に対する判断ですから、いざタイミングが来た時に、慌てることなく自信を持って目利きできるように学んでおきたいところです。

不動産のプロをゲストに迎えます

自らも不動産投資家であり、かつ、数多くの不動産投資家にアドバイスを行なってきた専門家がゲスト登場します。

・このセミナーをお勧めする理由

あなたに不動産について教えてくれる人は、住宅展示場に常駐するコミッション(売上歩合)目当ての営業マンであることがほとんどではないでしょうか。
最終的には、コミッションが多い物件へ誘導されるケースが非常に多い業界です。
今回のセミナーでは、住宅ローンについて選ぶ基準や重要なポイントはもちろん、ポジショントーク無しで「損しない自宅選び」の具体的な方法をお伝えいたします。

・これからの時代に必要な考え方

日本では、大規模金融緩和の影響もあり歴史的な低金利が続いているので、その恩恵を受けられる不動産購入に注目が集まっているのが現状です。

しかし、新型コロナウィルスの影響で日本経済の先行きが不透明な時代となりこれまで上昇を続けた不動産価格も下降トレンドに入り割安で購入できる物件も市場に出回るようになるでしょう。

以前から、ご自宅の購入を考えている方が割安だからという安易な理由で購入すると多額の損失を被ってしまう可能性も高まってしまいます。

いざ「買う」という選択をする前に、物件の選び方に「投資家目線」を取り入れて資産価値の下がりにくい「損しない自宅」購入までのロードマップを手に入れる必要があります。

こんな人におすすめ

□ そもそも、この不安定な時代に自宅を買うべきか?
□ 住宅購入に興味を持ったので、その第一歩を踏み出したい。
□ 資産価値の下がりにくい「損しない自宅」の見極め方を知りたい。
□ 中古物件の築年数は、どのくらいが安全なのか知りたい。
□ 固定金利と変動金利で悩んでいる。
□ 新築マンションのモデルルームに行き、買いたくなっている人
□ 賃貸に住んでいて住宅コストを下げたいと思っている人
□ 不動産屋に騙されない知識を持ちたい人
□ 投資家的な自宅戦略を知りたい人

◆開催日時/場所
令和2年
【受付終了】第1回  8月30日(日) 19:00~21:00 オンライン
【受付終了】第2回  9月30日(水) 19:30~21:30 オンライン
【受付終了】第3回 10月24日(土) 10:00~12:00 オンライン
【受付終了】第4回 11月21日(土) 10:00~12:00 オンライン
【受付終了】第5回 12月19日(土)20:00〜 オンライン
令和3年
【受付終了】第6回 1月13日(水)19:30〜 オンライン
【受付終了】第7回 3月21日(日)10:00〜 オンライン
【受付終了】第8回  5月17日(月)19:30〜 オンライン
【受付終了】第9回 6月29日(火)19:30〜 オンライン
【受付終了】第10回  7月18日(日)18:00〜 オンライン
【受付終了】第11回  9月 8日(水)19:30〜 オンライン
第12回 11月20日(土)10:00〜 オンライン

(所要時間は1.5時間〜2時間程度を予定しています)

◆ オンラインでは「Zoom」を使用します。
Zoomの使い方等については、下記申込みページの概要欄に記載してあります。
参加用のZoom URL は申込後の自動返信メールに記載してあります。

◆参加費
通常価格 4,000円(税込4,400円)

【参加特典】
『サラリーマンを「副業」にしよう』(プレジデント社) 1,400円(税込1,540円)
又は
『トップ1%の人だけが知っている「最高のマネープラン」(日本経済新聞出版社)1,500円(税込1,650円)
どちらか1冊をプレゼントします。
サラリーマンを「副業」にしよう81eIYtJ9CFL

【メルマガ特典】
メルマガ読者はクーポンのご利用で、参加費4,000円→2000円(税込2,200円)となります。
まだ俣野成敏のメルマガを購読されていない方は、下記よりメルマガにご登録いただき、メルマガ本文下に記載されている優待コードをご利用ください。(どのメルマガにも優待コードは記載されます。)
https://www.matano.asia/mailmagazine/

▼お申し込みはこちらから▼
https://matano.thebase.in/items/25303352

人生3大支出の1つを攻略することで、お金の心配から開放される未来をつかんでください。

自宅について少しでも興味のある方は、ぜひご参加いただければと思います。
それではオンラインでお会いできることを楽しみにしています!

俣野成敏

《参加者の声》
・大変わかりやすい説明でした。感情的・金銭的に両立できる方法のひとつとして参考にさせていただきたいと思います。

・賃貸・持ち家、マンション・戸建て、新築・中古等、住宅の考え方は人それぞれであること、情報提供側も情報はフラットな気持ちで伝えていく事が大切なのだと、感じました。
住宅費は負債というよりコスト…
納得です。
コストパフォーマンスがいいもの…
それは価格だけでは決められず、その人の人生における豊かさとのバランスであり、どういう暮らしを理想とするのかが軸となるのだと思いました。
ここも人それぞれの価値観で異なるので、正解はないのですね。
セミナーありがとうございました。
今回のセミナーをきっかけにして、住宅の考え方等、一つ一つ考えていきたいです。
また、よろしくお願い致します。

・投資家目線で考えた場合に、どのような戦略を持って自宅購入を検討するのかが理解できた。自宅購入は、人生の中でかなり大きな金額の買い物になるため、絶対に失敗したくないという思いがある。そのため、中立的な立場にある不動産のプロに相談できるのはとても心強く、自宅購入の際には是非相談させて頂きたいと感じた。

・まだ具体的な購入予定はありませんが、一生に一度の大きな買い物なので、失敗のないよう事前に勉強しておきたいと思い受講しました。感情的な価値を落とさずコストを抑える具体的な方法を教えていただき、大変参考になりました。いずれ購入の際にはまた相談させていただきたいと思います。

・一戸建て、マンションを購入する場合の注意点やコスト比較など、具体的なシミュレーションも交えて、とても分かりやすかった。特に、中古マンションを購入してフルリノベーションした場合でも、新築マンションを購入した場合に比べて1000万円近くコストが抑えられる事は新たな発見だった。

・賃貸か購入か マンションか戸建てか、金利の話など基本がわかっていかなったので、大変参考になりました。中古を買ってリノベは全く思いついていませんでした。なるほどなぁと思いました。開催ありがとうございました。

・日本人には一般的な買い方ではないと思いますが、非常に合理的で家族間での価値観が合えば前向きな戦略だと思いました。

・住宅の購入・賃貸について知識がなかったので、とても参考になる内容でした。
将来自宅を購入することになった場合の参考にさせて頂きます。

・中古物件が如何に活用できるかについて具体的な説明をいただき、大変参考になりました。ありがとうございました。

・セミナー前までは賃貸派でしたが、中古物件のについて有益な情報が多く、今後の住宅購入の参考になりました。

・基本的なことをしっかり教えてくれる人が少ないのでとても有意義でした。自分の生活スタイルを見直すいいきっかけとなりました。ありがとうございました。

・新築一軒家の購入を考えていましたが、一度考え直すきっかけになりました。

・新築、中古という選択肢だけではなく、中古+リノベーションという選択肢を持つことができた。住宅購入なのか賃貸なのかという議論もあらためて振り返ることができた。

・現在、賃貸アパートに住んでします。
将来自宅を購入することがある可能性があるので、とても参考になりました。

・知らない知識を知る事ができて役に立った。また今後も相談できるとのことで、安心感がある。よろしくお願いします。

・家を購入しても土地に縛られないという考えが新鮮だった。

・ぼんやりとしか分からなかった賃貸や一戸建て、マンション、新築中古の違いがわかり、とても勉強になりました。物件購入の際の参考にさせていただきたいと思います。

・住宅に関して漠然と考えていたものがクリアになりました。今日はありがとうございました

・物件探しを始めてるところでしたので復習しつつ勉強になりました。ありがとうございました。

・自宅購入は新築という概念がありましたがいろんな方法があると知りました。難しい話もあったので整理してこれからのために勉強が必要だと思いました。
非常にためになる講義ありがとうございました。

【主宰者プロフィール】
俣野成敏 Narutoshi Matano
ビジネス書著者/投資家/ビジネスオーナー
リストラと同時に公募された社内ベンチャー制度で一念発起。年商14億円の企業に育てる。33歳で東証一部上場グループ約130社の現役最年少の役員に抜擢され、40歳で本社召還、史上最年少の上級顧問に就任。2012年に独立。フランチャイズ複数店舗のビジネスオーナーや投資家として活動。投資にはマネーリテラシーの向上が不可欠と感じ、その啓蒙活動にも尽力している。自著『プロフェッショナルサラリーマン』が12万部、共著『一流の人はなぜそこまで、◯◯にこだわるのか?』のシリーズが13万部を超えるベストセラーとなる。近著では『トップ1%の人だけが知っている』のシリーズが11万部に。著作累計は48万部。ビジネス誌やwebメディア掲載実績多数。『まぐまぐ大賞』を5年連続受賞。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
著作
ソーシャルでつながる
無料メルマガ

無料メルマガ

あなたのビジネスに新しい視点を提供するためのちょっとしたヒントを365日連続して無料でお届けします。

メールアドレス
お名前
「サラリーマンを副業にしよう無料版」も購読する